バランスが大事。


バランスが大事。

カラーの教え子ちゃんとランチタイム女子会してきました^ ^

やることはたくさんあっても、1日のタイムスケジュールを、自分次第で決めるコトが出来るって私、幸せだな~って。しみじみ思いました。

この環境が保つことができるのは、自分の周りの人たち、すべてのおかげさま。心から感謝です。

そして、やっぱり何事もバランスが大事。

ここのところ、この「バランス」について考える出来事が多いな~って思っていたら、saiko先生の今朝のメルマガのテーマがちょうど「バランス」だったのでシェアします。

***ここから

バランスと言えば、グリーン。

人の心はバランスを取りたがるのです。

よくしゃべる豪快な奥さんには、大人しい旦那様が…

オレオレな王様タイプの旦那様には、従順な優しい奥様が…

そのようなご夫婦やカップルをよく見かけます。

私たちは、人間関係やパーソナーシップにおいて、

知らず知らずのうちに、バランスを取り合う…

どうやら、バランスの法則のようなものがあるようです。

自立的な男性は、依存的な女性に惹かれます。

男性はたくさん与えたいし、女性はたくさん受け取りたいのでバランスが保たれます。

しかし、女性が、こんなに受け取ってばかりで申し訳ないと思うようになり

自立しはじめると、男性も受け取る側になって行きます。

ところが、支配的な男性の場合、女性が自立することを怖れます。

奥さん(彼女)が自立することで、自分が「受け取る側」になるという「変化」を強いられるからです。

すると、男性は、その女性が自立しようとすることを嫌がり、

今までのバランスの取れていた関係が、崩れ始めるのです…

自立と依存だけではなく、

ポジティブとネガティブも同じような関係があります。

一方がポジティブになればなるほど、パートナーはネガティブになる…ということです。

これは男女の関係だけではなく、会社の上司と部下や友達関係、親子関係など、

あらゆる人間関係にも当てはまります。

私たちは、無意識のうちに、人間関係にバランスを取ろうとしています。

そして、そのバランスに変化が生じると、その関係が崩れはじめます。

極端にどちらかへ行かないように、自分の中でバランスを取ることができれば

お互いのバランスは保たれるということになります。

自立過ぎない、依存過ぎない

ポジティブ過ぎない、ネガティブ過ぎない…

不足することだけがアンバランスなのではなく、過剰になるのもアンバランス。

カラーセラピーでは、色のキーワードを使いながら心を計測します。

例えば、「自立している」という状態がバランスが取れた状態(ポジティブな状態)だとしたら、

それが不足していても、多すぎてもアンバランスな状態であると考えます。

(不足=アンダーネガティブ、過剰=オーバーネガティブ)

人は一人で生きて行けませんので、

その人の中で自立は良いこと、どんどん自立して行くべき~

と、思ったとしても、人間関係の中では、非常にアンバランスな関係を作ってしまうことになるのです。

大切なことは、そのことに「気づく」ことなのです。

***ここまで

自立し過ぎない。

依存し過ぎない。

ポジティブ過ぎない。

ネガティブ過ぎない。

自分1人で出来ることなんてたかがしれている。

だから、私は自分の弱ところ、不得意なところはちゃんと周囲に頼るようにしています。

でも、私の得意や強みは、でき得る限り提供する。

凹んだ時は、ちゃんと怒る。ちゃんと泣く。

元気な時は、五感全部!精一杯!使って、「今ここ」の幸せを感じる。

それが私のバランスの取り方。

今日は、ランチタイムという短い時間でしたが、笑い合う楽しい時間と、春の味と、お日様と春の風。

そして、お店の庭に鉢植えになっていた、少しだけ花をつけた桜にほっこり^ ^

早く桜咲かないかな~♪

さて、お天気がいいから、家も掃除したいし、まだまだ溜まったWEB仕事もしなきゃ。

今晩も遅くまでかかりそうだな~。

でもこれが私のバランス。

自分の大事な時間や「好き」は我慢しない(^.^)

自分自身のために、自分自身を許すためのプロセス


雨降りの一日ですね。

私はこんな天気の日を「ひきこもり日和」と名付けています 笑

普段はセラピスト養成の講師を主な仕事としていますが、最近は有りがたいことに、なぜか…webの仕事の依頼が多く…

(こっそり?でもないけど 笑 ウェブデザイナーもしています)

絶好!の引きこもり日和の今日は、気が付けば昼ご飯も食べるのを忘れPC作業…気が付けば夕方じゃん~!

今、ちょっとひと段落してホッとひといきの時間。

ちょっとだけカラーセラピストの私に戻って(笑)

今日のsaiko先生のメルマガをシェアしたいと思います☆

先生も「過去の自分自身への手紙」と書いていましたが「私にとってもコレってまだまだ向き合うべきテーマだな~」って…感じてます。

以下メルマガ引用——————–

今日のテーマは、

「比べる」

比べる、比較する…はグリーンのキーワードですね^^

第3チャクラのイエローは、アイデンティティの確立がテーマ。

そして、その次の第4チャクラがグリーンで、自分と他人とのバランスがテーマです。

思春期のころから、少しずつ目覚めて、

アイデンティティが確立されて行きます。

この時、どのようにして目覚めるのかというと、

「得意なものをみつける」ことがキッカケになることが多いと思います。

私はこれを「イエローの時代」と表現することがあります。

イエローの時代は、自分は周りに比べて

「劣っている」あるいは「優れている」という気づきから始まります。

人よりカッコイイ、かわいい、美人、頭がいい、スポーツができる、

笑わせるのが得意、絵が上手い、歌が上手い、仕切るのが上手、

手先が器用、センスが良い・・・

など、人より「優れている」と思う部分に自分をフォーカスすると、

オリジナルな自分、アイデンティティが確立されて行きます。

ところが、人と比べて「劣っている」と思ってしまうと

そこで、劣等感を持つパターンのようなものが出来上がってしまいます。

「どうせ自分なんて」と自己否定してしまう場合もあれば、

努力してがんばって成果を上げて劣等感を優越感に変えてしまう場合もあります。

実はどちらも、完璧主義のパターンを作ってしまうことがあります。

前者は、あきらかに自己承認ができず、劣っている部分を探し続けるパターン。

後者は、高い目標をクリアしない自分を承認できないというパターンです。

例えば女性であれば、

結婚して、子育てもして、好きなことを仕事にできて、輝いていて、

養ってくれる素敵な旦那様もいて、憧れの一軒家も建てて…

そんな自分にならないと自分を認められない。

男性であれば、

誰からも認められる仕事をして成功者と言われる人物になって

車も家も手に入れて、海外旅行も趣味も自由にでき、親孝行もする…

そんな自分にならないと自分を認められない。

他の人がどんなに、すごいね!がんばってるね!と言ってくれても、

例え晴らしい功績を挙げたとしても、自分の高い基準を満たさない限り自分を認められないのです。

実はこれは、父性愛と関係があります。

母性愛はみなさんもご存じのとおり、

無条件の愛です。

生まれてくれただけで嬉しい。

何もできなくても、いるだけで嬉しい。

という愛です。

この愛は、人を愛するために必要な愛です。

一方、父性愛は、条件付きの愛のことで、

うちの子は優秀だ!だから、もっと褒めてあげよう。

という愛です。

この愛は、自立させるために必要な愛です。

できないから愛さないということではなく、

できた時に「認めてもらえた」という経験が必要なのです。

どちらの愛もバランスよくあると自己肯定感が高くなります。

人と比べてついつい落ち込んでしまう…

と思い当たる方がいたら、

かつて認めてくれなかった誰か(特にご両親)を許すことからはじめてみませんか?

きっと、親も自分が子供のころ、同じように親の親から

認めてもらえなかったのかもしれません。

また、親も若かったので、必死だったのかもしれません。

許していない誰かを許し、その人を承認してあげるのです。

これは、許せていない誰か(親など)のために行うのではなく

自分自身のために、自分自身を許すためのプロセスの一環として

認めてくれなかった誰かのことを許すのです。

これがグリーンのテーマなのです。

————————-ここまで

グリーンと言えば「嫉妬」というキーワードもあります。

人と比べると…いっしょについてきやすい感情。

この感情も苦しいですよね。

許せていない誰か…を許すことと、誰かと比べて欠けている、足りていないっておもってしまう「自分」を自分が許すこともグリーンからのメッセー。

私は私のままでいい。今の、この、ありのままの私で完全。

世界でたったひとつの個性(私)only one

そう思えたなら、嫉妬という感情は手放すことができます。

ちなみに英語でgreen-eyed monster 「嫉妬」と訳されます。

シェークスピアの『オセロ』のセリフに出てきます。

他にも緑色が嫉妬を連想させる言語。

英語 be green with envy(jealousy) 嫉妬で緑色だ

フランス語 tre vert de jalousie 嫉妬で緑色だ

イタリア語 essere verde d’invidia 嫉妬で緑色だ

ドイツ語 vor Neid grn werden 嫉妬で緑色だ

オランダ語 groen zien van afgunst 嫉妬で緑色を見る

だそうですよ。面白いですね。

なんて、色について語ったら…ウェブ仕事に戻ります 泣

気分転換につらつらと書いてみました 笑

上昇気流


自然治癒力学校!今日はおのころ先生直々の公開マッピング。

やっぱりすご~く勉強になります

そして♪ 運良く!私おのころ先生にヒーリングをしてもらっちゃいました

*\(^o^)/*

ふふっと、微笑みながら「やっちゃん、めっちゃ気が上がってる。今年はすごくツイてるよ!」だって!

嬉しい~~

本のサインにも「上昇気流」とメッセージいただきました^ ^

おのころ先生の言葉を根拠に笑

これから私はツイてる!って思い込みま~す

そして「それでもあなたを愛しています」をクセにします♪

許すとは、私達は同じ人間なのだと認めること

許すとは、私達は同じ人間なのだと認めること。

昨日はワンセルフカード上級講座を開講しました。

ワンセルフカードの講座は、いつも講師の私自身、自分の内面に気づかされることが多く、昨日も「あ~私なんだかんだ言って、まだこれにこだわってるんだな」と、自分の抑えていた感情と向き合う時間となりました。

昨日の時点では、「わかっちゃいるけどさー。嫌なもんは嫌!」って受け取れない感じだったんだけど、今朝…まるでカードのワードが発酵するように、また味わいを変えてじわ~っと沁み込んできた気がします。

でも、まだ私の中で○○の方がいい。

とか、○○でなければ良くないよね。

のレベルなので「したい」に変わるまで、宙に浮かせておこう。

きっとベストなタイミングでこのメッセージが受け取れる時が来るでしょう。

なんて、想う朝です^ ^

この味わい深いワンセルフカードの作者、中本雅子さんが直々、5月31日、6月1日に愛知県長久手でカードを使ったセミナー開催しますよ!

私も大好きな雅子節!味わい深い独特な人生観に触れて見たい方

是非参加してみてください。

セミナー開催お申し込みに関しては↓↓↓をご覧ください。

http://info.omoi-no-iro.pupu.jp/?eid=8

プレゼントって時間だと思う…


プレゼントって時間だと思う…

って私は想うんだな。

昨日はホワイトディでしたね^ ^

夜、旦那さんが3の箱入赤ワインを抱えて帰ってきて、気がつきました^_^;

毎回私へのプレゼントは「酒!」と決まっているらしい…。

まあ、確かに間違いはないけどね~。

(≧∇≦)忘れてないことに感謝です。

でも先日、実は、カラーの教え子くんから、ちょっと早目のホワイトディプレゼントもいただいちゃってました

ガーネットのピアス(o^^o)

ちょっとマゼンタかかってとっても綺麗!ありがとう

プレゼントって、もらうコトももちろん嬉しいけど、何より嬉しいのは、私のために使ってくれた時間。

何がいいかな~?

どんな色がいいかな~?

喜んでくれるかな~?

きっと色々想いながら選んでくれたのでしょう。

その私のために使ってくれた時間が何よりのプレゼントです。

本当に嬉しい^ ^ ありがとう。

大切にするね。

ガーネットの持つ意味は↓↓↓

http://www.ishi-imi.com/2006/07/post_4.html

色からのメッセージは覚えるものではありません


今日はマスターカラーセラピスト講座です。

和やかにセッション練習中~^ ^

今日は4名様で賑やかです♪

皆さん遠くから足を運んでくださいました。
ありがとうございます。感謝。

毎回この「色それぞれのキーワードを深める」講座は、私自身「たくさんの引き出しを持って帰ってもらいたい」という想いもあり。
ついつい根をつめてしまいがち…
確かに色の「キーワード」はたくさん知っておくに越したことはないのですが。
本当に大事なことは、感じること。
自然界の色彩を感じることで、メッセージは自然に湧きでてきます。

そして、セッションで大切なことは、たくさんのキーワードをクライアントに投げることではなくて、

クライアントが「何を」「どのように感じて」「どんな表現で」語っているのかを、セラピストはじっくり耳を傾ける。
これが一番大事で必要なことだと、私は思っています。

この日も「頭がいっぱい!」とつぶやいていた受講生さんたち 笑
大丈夫!キーワードは徐々に自分に沁み込ませながら、クライアントの話をじっくり「聴く」ことに重点をおいてくださいね~。
お疲れ様でした!

「母性」は子を育てながら育むもの


母性信仰にさいなまれて…
私にもそんな時がありました。
通り過ぎればあっと言う間だった気がしますが、あの頃はこれがずっと続いていく気がして辛かったな〜
今だって、私は(長男の歳)のママ1年。
この4月には、高校生のママ1年生になります^_^;
やっぱりわからないこと、未だにいっぱいです。
そうやって、親も成長していくんですよね。

子育てママにシェアしたい記事です↓ ↓ ↓

「母性」―― それは、子を育てながら育むもの : MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-.

 

3/9~3/30小牧ミッドアートにて【黄色展】


親愛なるカラー仲間のみきちゃんのお店☆ミッドアートで、
今月9日から、イエローをテーマにした、作家さんの作品展が始まりますよ~*\(^o^)/*
↓ ↓ ↓
http://www.marble-eyes.com/zakka.html

毎年、テーマカラーが変わります。

で、今年はイエロー。

それはそれは店内、眩しい1ヶ月になることでしょう!

私が全面!応援しています作家になる夢を追う「絹加画伯」も作品出品していまーす*\(^o^)/*
(恥ずかしながら…実は私もこっそり作品出品してます。(-ε-o)ボソッ)

そして絹ちゃんの画がポストカードになり、ミッドアートでお買い求めいただけるようになりました!

みんな是非!ミッドアートに覗きに来てね!!

お昼は私のお気に入りのお店でまったりランチして、女子トークして笑
とってもほのぼのした一日でした☆