私は私。あなたはあなた。


昨晩かかってきた電話で、そのご相談ごとを「ふんふん」ときいていて思い出した
【ゲシュタルトの祈り】

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen –
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du –
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なこと。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいこと。

 

この「私は私」というのは、相手の行動に期待した「甘え」ではなく。
(例えばうちの子の言う、つじつまの合わない「親は子供をもっと理解するべきだ!」と主張しながら「俺は俺だ!」といった、利己的なことじゃなく)
本当の意味での「私は私」は、他者が自分の思い通りに動かなくても「私のできる最大限はここまで」と潔く線引きすることができるということ。
本当の意味で、自分と他者との線引きができたとき「あなたはあなた」と、相手も認めてあげることができるのでしょう。

私たちは誰かに褒めてもらうために、認めてもらうために、愛されるために、生きているわけじゃない。
いつでも、どこでも、誰からも、受け入れなければならないわけじゃない。
たとえ人に受け入れられなかったとしても、そこで、自己反省や罰する(自己否定する)必要は全くないのです。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいこと。

私たちは出会いを「ご縁」と呼び、「出会える事」に価値があり、「出会えない事」は価値がないと捉えがちですが。
ゲシュタルト療法の創始者フレデリック・パールズは【出会えない事。それもまたよし】と
「出会えないことも、出会えることと同じように素晴らしいことなのだ」と言っています。
すべてをあるがまま、起きるがままに受け入れるということですね。

パールズの後継者であったプライス夫妻は

「今あるもの、すべてに出会う事。それが壊れているなら、治さない」

とも言っています。

壊れている=治すべきもの・正すべきものではなく。
今あるもの全てそのまま受け入れるということ。
自分に対しても、他者に対しても、何に対しても。
壊れている(と思えるもの)も含めて、悪い部分(と思えるもの)も含めて「これで良い」のです。

ただ起きていることに、あれやこれやと意味づけをして。
「良いこと」「良くないこと」と名前を付けているのは誰でもなくあなた自身。
そんなことはさっさとやめて、すべては流れにお任せ♪
なるようになるし、なるようにしかならないんだから。
大丈夫!すべては順調に行っているんだから!心配しない♪
candle-3-1182211

偶然とは、匿名を保つための神様のやり方

久しぶりに三重県四日市 アトリエソワでワンセルフカードセラピスト講座を開講しました。

参加されたのは、今日初めましての方と。
私のところへ通って、もう何年になるでしょうか・・・?という古なじみ(笑)再受講の方と。

お互いに「初めまして」同士だと思いつつ…顔を合わせてみれば!

「えぇー?!」という繋がりがあったり。

なぜだか「波動共鳴」がキーワードになり、話弾む♪ 楽しい一日でした。

あ~やっぱり人と人とのご縁ってさ。
私の勝手な思惑や、浅はかな集客ノウハウ(?)なんかを、軽々ひょいっ!と乗り超えた…
なにか見えない力みたいなものに繋がれているんだな~。 なんて。

ワンセルフカードの「神」のワード。
【偶然とは、匿名を保つための神様のやり方】
を、しみじみ感じる一日でした。

みなさん御帰りになって、ソワのオーナーと2人で帰りがけ…

「なじみ深く慣れたものに依存して、いかにそれを長く維持するか?にエネルギーを注ぐのでななく。
これからは新しいものをいかに受け入れ、順応し、慣れ親しんでいくか?にエネルギーシフトしなければね!」

という話になり・・・。
非常~に私自身も「耳が痛い」内容なわけですが 笑

まっなかなか大変だけれども。
お互いに心して!精進してまいりましょう。ねっ!>ソワさん♪ 笑

IMG_4027

 

 

 

「セルフケア(心理学)コース」の講座を開講の予定について


新しく「セルフケア(心理学)コース」の講座を開講する予定ですが。

ただいま私の仕事用PCのご機嫌が大変!悪く、諸々の用意に時間を要しております。

「いつごろ開講か?」と、うれしいお問合せを何件かいただいておりますが、今しばらくお待ちください。
おそらく来月11月初頭にはご案内できる予定です。(ホントか?!)

こんな調子なので、PCの買い替えを考えておりますが、なにせWIN10が出たばかり・・・。
ですが!10ではこれまで使い慣れたソフトとシステム要件が合いません。・゚・(ノД`)・゚・。

私は毎回、PCは自分仕様にカスタマイズしてDELLに発注するのですが。
一般ユーザーへのカスタマイズ販売はもうWIN10しかないんですよね~。
なんてこった。・゚・(ノД`)・゚・。 困った!

そんなこんなで、調子の悪いVISTAをだましだまし使っております。
どうも8月13~15日のアップデートからおかしくて、システムの復元をかけると元に戻る。
で、またアップデートがかかるたびにスタートアップでフリーズ。。。突然のシャットダウンが起きるという症状が続いております。
もう作業効率悪いったら!おかげでシステムエンジニアのようにPCにべったり張り付く日々です 汗

この手の案件に詳しい人~~~!なんかいい対策あったら教えてくださいーーー!

161891

 

10/18(日)四日市でワンセルフカードセラピスト講座開講します

10月18日(日)三重県四日市 アトリエ ソワにて
「ワンセルフカードセラピスト講座」を開講いたします。
三重県では久しぶりの開講となるこの機会に、ご興味のある方!是非ご参加くださいませ☆
whatoneself
oneself
日時:10月18日(日)10:00~16:00(昼休憩1H含む)
場所:三重県四日市 アトリエソワ
http://www.cty-net.ne.jp/~manakemo/
受講料:15000円
お申込み&お問合せは ≫こちらよりお願いいたします。

まずは自分を知ることから


TCカラーセラピスト公式勉強会chapter1~3を開講しました。
IMG_3992

C1はTCの2つのセッション方法についてのおさらい~が主ですが。
結構な割合で「3本リーディングが苦手」という声を聞きます。
TCカラーセラピーには大きく2つのセッション方法(厳密に言うと3つ)があるのですが、その中のパーソナリティ・ストーリーワーク(通称3本リーディング)とは「自己認識のワーク」です。
要するに「私ってこんな人」を知るワーク。

なぜ「3本リーディングはちょっと…」となるのか?理由を聴いてみると
「自分を知る」ことが何になるのか?…必要性がいまいち分からないのが理由のようです。

意外とね。
自分のことって知っているようで、実は一番分かってないのが自分かもしれませんよ 笑

自分とはどういう心の癖があり、人間関係ではどのような立ち位置をとるのか、どういう考え方や反応をするのか。
自分とはいったいどういう人間なのかを知る(自己理解)。
そしてそれを次は、まるごと受け入れる。
「あ痛いたた~」な自分ももちろんですが、「ちょっといいじゃん!」と誇れる自分もまるごと受容する(自己肯定)。
「ありの~ままの~♪」って、例の歌のやつですよ 笑

自己理解・自己肯定は、如いては他者理解につながります。
他者理解ができるということは、人間関係を円滑にしますので、ストレスが減る。ということになります。
人の悩みのトップ3は「健康」「お金」「人間関係」といわれるくらいですから、人間関係のストレスは結構悩み深いわけですよ。

なぜ人間関係が円滑になるのか。

例えば…
自己肯定感が低い方は、自分のダメな部分や、足りない部分にジャッジを下していることが多いように思います。
「これではダメだ~!」と。
そうやって自分をジャッジしながらも「ダメ」や「できない」を【ザッ!努力】で頑張って乗り越えてきた人は「人に頼ってばかりの人」や「まいっか」の人に嫌悪感を抱いたりします。
特に自分が頑張って来た分野に対して、そうしない人に批判的になります。
そして実は…批判をすればするほど、自分にも厳しくなる…という悪循環が起きてしまっていたりします。
これでは苦しいですよね~。

無意識に自分の「ダメ」や「足りない」部分を探すクセがついてしまっているのかもしれません。
本当は心の奥にある「本当は人に頼りたい」責任なんてだれかに放り投げて「し~らない!」ってしてしまいたい!気持ちを誤魔化しているのかもしれません。

そいういう自分の考えクセや、抑圧している気持ちを削除したり排除したりするのではなく。
ただ
「あ~そういうクセがあるな~」
「あ~そういう気持ちあるある」と、ただ感じるだけでいいんです。

するとね、嫌いだった人の見かたが「いいな~あんな風に上手に私も甘えられたらいいな~」に変わるかも?!知れませんよ。
要するに「嫌いな人」が減る!笑
「嫌い」じゃなくなったら、コミュニケーションもうまくできるようになりますよね。
ストレスも減る。

自分さえも知らずして、相手を知ることなどできないですよ。
だから「自分を知る」ってとっても大切なことなんです。

ワンセルフ・アカデミー 新時代のリーダーシップ・レッスン


先週末の土曜日【ワンセルフ・アカデミー 基礎編】に参加してきました☆
IMG_3970
改めて「コミュニケーション」という題材の学びの中で想ったことは
『まずは自分を知ること』

我は何者か?を知って尚
『あの人は私とは違う人間なのだ』と理解できなければコミュニケーションはうまくいかない。
『私とあなたは違う人』
言葉にすると当たり前だけれども、これが本当の意味で、セパレーツできていないことに気付かない人は多いと思う。
そこが「人間関係」というものを悩み深くしているんだよなぁ。。。

ワンセルフ・アカデミーとは↓↓↓

1.NLP(神経言語学)やコーチングのスキルやメソッドの日常で活用できるものを凝縮して一日で学べる資格取得講座(6時間)。 2.1989年創業から一貫して行ってきた研修事業だからこそ公開できるオリジナリティ溢れたコミュニケーショントレーニング。 3.ビギナーからプロまで共に学ぶことが出来るユニークな内容。 4.トレーナーコースまで進むと、ご自身のスクールや会社で第一段階の講座を教えることが可能。 (第四段階のアドバンストレーナーコースで第二段階を開講可能) ※この講座はコミュニケーションのトレーニングを主眼とするもので、ワンセルフカードは扱いません。

情報源: ワンセルフ・アカデミー 新時代のリーダーシップ・レッスン

私はNLPやコーチングは、ある程度学びましたので、基礎編は「目からうろこ!」っていうわけではなかったけれど。
さすがの!雅子節!
「あ~こうやって伝えれば分かりやすいな~」
「あ~このワークはとっても楽しく実感できるな~」
などなど。
自分が提供していく側での視点で、大変参考になりました☆
これからの講座のパフォーマンスがあがることを間違いなし!です♪

番外編セミナー(別名:懇親会 語りべ:雅子)も興味深い~楽しい~時間でした☆
IMG_3975
翌日も関連セミナーが予定されていたのだけれども…

私は特に予定はなかった(というか、わざと予定を入れないようにしていた)のだけれども。

とうとう二日目セミナーへの参加表明はせず帰宅しました。

根拠はまったく!ないのだけれども。
『予定はいれないほうがいいよ…』という直観??があり。
本当に根拠はないのだけれも。結果的に…

当日、義父が急きょ!「腸ねん転」で病院に運ばれ、OPEすることに。
必然的に、結果がでるまで私も一日自宅待機。
ほ~らね。やっぱり…。そういうことだよね~。苦笑
よかった。予定いれていなくて。大正解。

最近、こういう第6感?みたいなの良く当たるんですよね~。苦笑

とにもかくにも、諸々万事OK!な週末だったな~。と。ほっ