おお麻体験講座&ワークショップ



みなさんとわになって、
「火」と「水」
による大麻(おおあさ)のここちよさを
感じ、あじわい、わかちあうつどいをひらきます。

縄文の時から、ここ日本でも育っていたとされ、
地球上のほとんどの地域で育つことができ、

七味唐辛子にも入っていて
麻の実ナッツやオイルとして食べては栄養価が高く、
繊維にして服や紐・ロープ、下駄の鼻緒、魚網となり、
プラスチックや建築材にもなり、
ぜんそくの薬としても日本では昔使われ、
痛みに対してなど医療大麻としても使われ薬効もある大麻(おおあさ)

昔から神社では依り代や人・空間を清めるもの・神聖なものとしてあつかわれてきました。

衣・食・住

余すところなくずっと身近に使われてきて
人と地球を癒し・たすけてくれる大麻(おおあさ)

日本に古くから伝わる
わの心 わの文化を
とりもどし わかちあうための動きの一つとして
このつどいををひらいています∞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】
・2018年1月20日(土)

【場所】
・三重県四日市市諏訪町6-11-102
Atelier Soi(アトリエ ソワ)
HP : http://www.cty-net.ne.jp/~manakemo/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■午前の部~麻の集い 10:00~12:00
【伝え手】筒井淳文 【参加費】3900円(麻のしずく付き:定価1500円)

Ⅰ.火による大麻の波動を麻香炉で体感する

大麻の茎(麻幹;おがら)から作ったお香、
麻炭(麻幹を炭にしたもの)を用いて
1人1つずつ香炉をもち、体感します。
1人で感じたり、2人組みになりあてあったり、
心地よい時を過ごします。

Ⅱ.水による大麻の波動を体感し活用する方法を体感する
大麻の発芽するときのエネルギーをアトランティスの時代の叡智で水に転写させた『麻のしずく』を体感していただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■午後の部~おお麻飾りワークショップ~ 13:00~15:00
【伝え手】山田康予 【参加費】4500円(精麻2本付)
HP : http://mamachi.pupu.jp/

大麻は、「塩や水でも祓えない穢れを祓う」と言われ、御神事で使われてきた植物です。
大麻草の皮からとれる靱皮を研ぎ澄ました繊維を『精麻』といい、神社のしめ縄などの御飾りに使われています。

この「精麻」を結び、おお麻飾りを作ります。
穢れを払い、縁を結ぶといわれるおお麻飾りを、「節分」「立春」を迎えるこの機会に、飾ってみませんか?
(「立春」を 年の初めとする太陰太陽暦では、立春の前日「節分」は大晦日にあたります )

・大きいものは、おうちの玄関やお部屋に
・小ぶりのものは車のバックミラーに
・小さく結んでお財布に などなど

余裕があれば、ブレスレットなど、身に着けるものもお作りいただこうと思います。
精麻は野州産(栃木県)の特等級品を使います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前のみ、午後のみの参加OK!
全日ご参加の方は、参加費が8000円になります☆
午前、午後共に6名定員です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

麻炭・麻の実ナッツ・麻の実オイルをつかった
お野菜をつかって たなごころそえてつくる

『麻のおべんとう』
を販売します(要注文)

1,200円
10食まで支度できますので、ご注文よろしくお願いします。
講座には参加しなくて、お弁当だけの購入も大丈夫です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加希望の方は↓↓↓よりお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/500636/

みなさんとつながるご縁を樂しみにしています∞

コメントは受け付けていません。