昨年末のお話。

12月半ばに元気な第一子を出産したと、古い教え子ちゃんから連絡をもらい。
やれやれ良かった〜  と、思っていた数日後。

「先生!メンタルが崩壊しそうだからzoomで話を聴いて!」とメッセージ。
何事⁉︎と、早速その夜、zoomを繋ぐと。
赤ちゃんの血液検査の結果、炎症反応の値が高く、体内の酸素濃度も低く、画像診断でも肺が白く写っているとのことで、赤ちゃんだけ大きな病院のNICUへ搬送された!というではありませんか…

お母さんだけは面会を許されているものの、保育器の中で鼻も口もチューブでつながれて、抱くどころか、おっぱいもあげられない状態だと。病院からは1ヶ月程度の入院の見込みと言い渡されたと。
それはメンタル崩壊しそうにもなりますわ。

ましてや初めての子だし。
すぐにその晩、お母さんのメンタル用にフラワー&インディゴエッセンスのブレンドボトルを。
赤ちゃん用には、インディゴエッセンス数種類と、ホメオパシーの「蘇生のレメディ」と呼ばれるものと、全ての肺機能疾患に良いと言われるレメディを混ぜたスプレーボトルを作り、赤ちゃんに1日数回スプレーするよう説明し。

翌朝1番で2本とも郵送しました。
それがクリスマス前後のこと。

エッセンス達が良い仕事してくれることを祈りつつ、経過報告を待っていましたら!
なんと!まさかの年内31日に「無事!退院しました!お正月は家族3人で過ごせます!」と、お礼のメッセージと共に、赤ちゃんの写真が送られてきました^ ^

病院の治療はもちろんですが、きっとエッセンス達も良い仕事してくれたんだと想います。
ちなみにお母さんのメンタルは、エッセンスを取り始めてからほどなくほぼ通常状態に戻ったと感じたそうです。
(赤ちゃんの回復傾向が後押ししたのもあると想いますが)

いや〜とにかく良かった良かった。
エッセンスやホメオパシー学んでいて心底良かった〜と想った出来事でした^ ^

このように、遠隔でもブレンドボトルは作れます。
また巷はコロナの感染云々で不穏な空気が流れ始めましたね。
足を運んで対面での処方が難しい方も、気持ちが苦しい時にはオンラインでも対応しますのでお声かけください^ ^

クレイをお家で

一昨日、突然に近所の女の子(長男と同い年の幼馴染)が「朝、起きたら、背中が激痛で、息をするのもシンドイ!クレイやエッセンスでなんとかならないか?」とLINEにメッセージがきまして。

まあとりあえずおいで〜と、言うことで、あれやこれや状態や最近の環境などなど聴き、これはフルコースでやろう!と、いうことになり。
背中へガッツリ!クレイに鎮痛に良いハーブウオーターを入れパック。
ホメオパシーのレメディも取ってもらい。
痛む箇所と、最近ニキビが酷くて治らない(これは絶対メンタルだーな症状の出方)箇所に塗布するエッセンス入りのクリームをブレンド処方。

元々、パニック障害をある子なので、目新しいことがあると、なんかしら不具合が出てくるようです。
それにしても、病院ではなく、私のところへ駆け込んでくるのは、定期的に処方しているエッセンスに体感があるからなのでしょう。
良いことっちゃあ良いこと?クレイをオフした時点で「ずいぶん楽になった」と言ってましたが
「やっぱり芯のあるような痛みがまだある」と言うので
「そんなに直ぐにゃあ治らんさ。クリーム塗って様子見て」と帰しました。

で!昨日。
玄関で来客と立ち話をしていると、前を颯爽と走る女の子(´⊙ω⊙`)
「おーい!調子はどうなん〜?」と声かけてみると
「全然痛くなーーい!」と元気に駆け抜けて行きました^ ^

何が効いたのか?は不明ですが笑 
まあとにかく良かったクレイパック、フラワー&インディゴエッセンスの処方してます^ ^
クレイをお家で気軽に使えるよう「ホームケアのための基礎講座」もやってます。
体の不調もメンタルの不調も、どちらにも適しています。詳しくは↓↓↓
http://mamachi.pupu.jp/


リピーターさんもいます

ここ半年ほど、ちょこちょこ近所の女の子(うちの長男の幼馴染)が、エッセンスの処方に足を運んでくれています^ ^
昨日も「今から行ってもいいですかー?」とひょっこりやってきました。

数年前にパニック障害になった経緯があるので、ちょっと環境の変化などがあると今でも不安が大きくなってしまうようで、そういうタイミングで処方を頼まれます。
「夜になると心臓があぶる」などの症状もエッセンスで落ち着いたりして、体感があるからでしょう。
昨日は、「体に継続的にでる症状」の相談もされたので、フラワーとインディゴエッセンスのブレンドの他に、ホメオパシーのレメディを数粒渡しすすめてみました。すると、本日「効いたかも!」と報告が。おー

 良かったーー私、現在、ホメオパシーの受講生さんなんで「実験くん」レベルですが、徐々にこういうことにもお役に立てるように、勉強と経験(実験?笑)重ねて行きます