色を生活に取り入れる

昨日はカラーセラピスト講座を開講しました。
ご受講の方は、エネルギーワークをお仕事にされている方で、カラーセラピーもメニューに加えたいとのことでした。

色彩を使った療法としては「カラーブリージング(色彩呼吸法)」や「カラーメディテーション(色彩瞑想法)」などありますが、エネルギーワークされているなら「カラーウォーター(ソーラーウォーター)」など取り入れてみては?と提案してみました ^ ^

古代インドの伝承療法「アーユルヴェーダ」で行われていた療法です。
色のついた瓶に水を入れて、太陽光を当てて色のパワーを水に転写します。
それを飲むなどします。

「ブルーソーラーウォーター」は結構ご存知な方いるのではないでしょうか?
ハワイに古くから伝わるヒーリング「ホ・オポノポノ」から生まれた、潜在意識を浄化する水と考えられています。
最近は「グリーン」の方がどうのこうの…という方もいらっしゃいますが。
私はブルー、グリーンに限らず、自分に今必要なエネルギーを取り入れたらいいじゃん♪って思ってます。

私のオーラソーマのティーチャーの「加藤マイア」先生は、郷ひろみについていたカラーセラピストで、彼が若い頃患った「声帯ポリープ」を、このソーラーウォーターで治癒に導いた経験がおありでした。
マイア先生自身に「やっぱり喉ならブルーのソーラーウォーターを飲ませたのですか?」と受講生だった頃、たずねたことがあります。
「うふふ。違うわよ。オレンジ🧡」と…

カラーセラピストさん♪
なぜオレンジ🧡なのか?分かりますか?笑

ソーラーウォーターは特にお金もかからないし、何より薬のような副作用的なコトは起きない。
嘘か本当か?別として
試してみない手はありませんよね ^ ^

先日の沖縄で一目惚れした5色の琉球ガラスのコップ♡ これも昨日届きました♪
本当はチャクラの7色に+ピンクが欲しいところですが、徐々にお気に入り見つけたら揃えようと思います。

とりあえずは、明後日の富山講座のため、ブルーウォーター作って飲も〜
そして、講師の仕事(特に複数人の前で話す)ときのお供は「turquoise」のポマンダー。
何のために、何色が今自分に必要か?知りたい方は「カラーセラピー」学んでくださいませ 笑

Yellowのパワーチャージ!

春だーーo(^▽^)o
Yellowはこの上ない楽天家の色♪
yellowのスーパーポジティブエネルギーチャージ!
伊良湖岬にて

ボトルを使わないカラーセラピー

すでにカラーセラピストとしてご活躍されている教え子ちゃんたちから
「カラーボトルを使わず、カラーセラピーをベースにしたワークショップのファシリテーターって…先生いつもどうやってやってるの?」とのご質問と、「その内容を教えてくれませんか?」とのリクエストがあり公開。
5名の方々が集まってくれました^ ^

この極寒!の中、他県からもお2人足を運んでいただき、本当にありがとうございます。

内容は、私が昔、親子向けにやっていたワークショップや、数年にわたり、毎年中学校の依頼で文化祭にやってるワーク(生徒向け)や、PTA文化講座。
大学の依頼でやった講義に使ったスライドショーを、PCを持ち込み画面公開。
(今日はプロジェクターがなく、小さい画面ですみませんでした💦)

あとは与えられた時間枠に合わせた「タイムスケジュールの構築」etc…をレクチャーいたしました。

今後、ご自身のワークショップのパフォーマンスが上がったり、オリジナルアイディア💡のキッカケになれば幸いです(^-^)

リクエスト&ご参加ありがとうございました♡
皆様の更なるご活躍をお祈りしております(o^^o)

「新しい青」200年ぶりに発見、クレヨンとして年内発売へ (The Telegraph) – Yahoo!ニュース


強く 鮮やか で素敵な青✨

「新しい青」200年ぶりに発見、クレヨンとして年内発売へ

情報源: 「新しい青」200年ぶりに発見、クレヨンとして年内発売へ (The Telegraph) – Yahoo!ニュース

黒って悪い色?


カラーセラピストなんかやっておりますと、たま~に

「黒ってどうなの?」と聞かれることがあります。

「黒」はどうしても「闇」とか「黒猫」「コウモリ」「悪魔」「邪」などなど
不吉なものや不浄なものを連想してしまうせいでしょうか。
黒は悪者扱いされることが多いようです 汗

たしかにネガティブな意味がないわけではありません。
(そんなこと言ったら、色のキーワードはすべての色に陰陽どちらの意味があります)
ただ、それだけではないし「ネガティブ」と感じられるのはその人の「価値観」や「観念(信じているもの)」や単にその時の心の状態がそう感じさせるだけで、見る人が変われば、同じキーワードでも「ポジティブ」に感じることもあるわけです。
私たちカラーセラピストは「占い師」ではありませんので、色でなにかを当てる…ことはありません。
ただ、それぞれの色の持つキーワードを投げかけて、その人がそれを「どのように捉えるか?」というところから心にアプローチしていきます。

例えば

闇というのは、人間にとってネガティブなものなのでしょうか?
夜がないと、人間の体はバランスが崩れてしまいます。
寝ている時間に、人は体や心の修復をしますよね?
光ばかりあてても、植物も育たないように、闇の時間も同じくらい必要なのです。

なにかから逃れたいとき、陰に隠れたくなりませんか?
目立つ明るいところへは身を置きませんよね。

黒が気になって仕方がない時。
黒ばかり身につけたくなる時。
「休息」「活動停止」する必要があることを潜在意識がおしえてくれているのかもしれません。
日常の様々な刺激(色)に疲れているのかもしれません。
その刺激に影響されないように「黒」で潜在意識が守っているのかもしれません。

逆に「黒」を手に取りたくないとき。

光り輝く場に居たい!色々なものと関わろう!という潜在意識からのメッセージかもしれません。
あくまで「かもしれません」デス。

いずれにせよ、答えは自分の中にあるので、私たちは色のキーワードを投げかけて、一緒にクライアントの中の答えを見つける手助けしかできません。

ちなみに、黒は何色を混ぜても「黒」ですよね~。
なので、ほかの色に染まらない「強さ」を表しますし、「玄人(くろうと)」「素人(しろうと)」という言葉。
「玄人」は「黒人」が語源とされていて、「玄」は何度も染めた黒という意味から「経験豊富」と表現されました。
黒はスタイリッシュ、粋なんてイメージもありますし。
他の色彩をキュッと!引き締めて、引き立ててくれる効果があるのも黒!
悪いばっかなわけじゃないんですよ~ 笑

02d34a164f365589120e34f4ccf90985_s

カラーセラピー入門講座


今日はTCの教え子ちゃんのリクエストで『カラーセラピー入門講座』を開講しました。

公式勉強会もC10まで全終了した方に、今更『入門講座⁈』なんですが 笑

この講座はカラーボトルがなくてもこんなカラーセラピーのやり方もあるよ♪という内容なので、カラーセラピーってどんなもの?という初心者さんも、どこかのカラーセラピーシステムを学んだことのある方も楽しんでいただけるんじゃないかなと思います^ ^

image

image

image

今日は、TCの新しいアイテム「カラーブロック」の使い方のレクチャーも盛り込んで見ました♪

面白い使い方として、ちょっとした対戦ゲームをしてみましたが…私完敗(-。-;

こんなカラーセラピー入門講座は、リクエストいただければ2時間程度 3600円でお受けしております。

ご興味ある方♪ お気軽にお問い合わせ、リクエストしてくださいね!

お問い合わせは↓↓↓よりお願いいたします。
http://mamachi.pupu.jp/qmailform/example.html

B113 大天使カシエル


昨日(2015年9月5日 英国 夏時間 午前8時)にオーラソーマの新しいボトルが誕生したようですね。

今度はGreenが綺麗なボトル♡
その時代に必要なタイミングで誕生するオーラソーマのボトル。
グリーンはバランス・調和・中庸などを表し、ハートチャクラ…自分の真実が在る場所の色。
自分の心の声に素直に耳を傾けると、自然と方向性がみえてきます。

またオリーブグリーンは新しい時代をサポートする色。
個人(yellow)の時代から、ハート(green)の時代にシフトすることが大切な時にきているのでしょうね。

競争の時代から「win-win」共創の時代へ。
乾ききった不毛な土地でも力強く根を張り、そのしなやかな枝は、強風にも折れることなく栄養豊富な実をつける「オリーブの木」のように、これからの時代は、どんな困難な状況になったとしても、柔軟に力強く成長をしていくことが求められるのかもしれませんね。

情報源: B113 大天使カシエル
大天使カシエルB113 – エメラルドグリーン/ミッドトーンオリーブ2015年9月5日、午前8時 (英国夏時間)誕生大天使カシエルは、土星と関連性があります。カシエルは、安息日あるいは休息日と呼ばれる、週のうちで私たちが内省する日を支配します。エメラルドグリーン/ミッドトーンオリーブの組合せは、太陽神経叢からハートに向かう旅を一つにし、私たちが過去の失望を手放すにつれて、それを新しいレベルの希望へと切り替えていく機会をもたらします。嫌悪感や苦味が、希望的な観測ではなく、希望の新しい感覚へと変容されます。カシエルはしばしば、観照者と見なされます。それは、オーラソーマ観点からは、コーラルかペールコーラルと同じエネルギーと言えます。カシエルは、呼びかけられない限り、人間のおかれた状況に対して干渉することも、行動することもせず、単に観照しています。カバラの文献には、カシエルは人間界に干渉することを許されていないと、書かれています。特に今このときに、私たちのハートに存在する真実が、観賞していること、「わからないでいる」ことにつながるために、私たちはサポートを必要としています。これは、オーラソーマ観点にとって非常に重要なことです。それは複雑なことのように聞こえるかもしれませんが、実際にはとてもシンプルです。「自分はわからない」ということを知ることは、基本にあります。それは感謝の念を通して扉を開く何かであり、親愛なるもの(beloved)や存在の愛の源を越えたところにある何かに、空(クウ)の感覚を通してつながる深い感覚です。今このときに、カシエルはこのエネルギーの何かを表しています。「I AM」を再評価することを通して、どのように私たちは自分のためにこのエネルギーと相互に作用しあうのでしょうか。スピリチュアルな自信に対する新しい見方が生まれます。カシエルは、細胞の記憶の深いレベルに関連する大天使でもあります。それは特に、ハートに変化を引き起こすような緊張のパターンのマトリックスあるいは構成部分を取りまく、細胞の記憶です。私たちがカシエルを、「全ての理解を超えた」愛、無限であり境界のない愛、と想定することができれば、私たちが自分のハートの痛みや、裏切りあるいは失望の感覚を解放するために、カシエルは私たちを助けてくれるでしょう。カバラの伝統や、ユダヤ・キリスト教の伝統においては、人々は大いに大天使カシエルに働きかけ、祈願しています。カシエルは、すべての文献において、大天使に関連して表現されているような特性を持っていない大天使です。カシエルは、通常は他の大天使とはあまり関係性のない単独の大天使です。孤独で物憂げなカシエルは、解放の涙を流し、深い悲しみを通して空間と場所の新しい感覚をもたらします。人生の舞台において私たちを困惑させるものを、白い鳩が運び去ります。方向性が明確になるにつれて、愛の深みを通して私たちの困難さが変容されていきます。カシエルの機能性の一部は、私たちがハートの真実に近づくに伴って感じる、深い孤独とひとりでいる感覚です。孤独やひとりでいることを意味する英語のalonenessと云う言葉は、「all-one-ness」(全てはひとつ)と似ています。この色の組合せのエネルギーが、この理解の一部としてあります。一体化、新しいスピリチュアルな主点、伝統や形を超えた一体性の感覚。カシエルは、火の大天使としても知られます。それは浄化の火であり、原初の創造の火のようです。私はここで、オーラソーマシステムに関連する新しい始まりの感覚に触れたいと思います。それは最初の始まりのときにあったのと同じ衝動です。オーラソーマシステムの始まりに鳴らされた、オクターブの「ド」をもう一度鳴らし、オーラソーマシステムの新しい始まりを再構築することです。それに関連して数多くの共時性があります。非常に数多いのでここでは触れませんが、オーラソーマシステムをもたらした最初の衝動を再構築しようとする私たちをサポートするために、この大天使がいると言えば十分でしょう。ヴィッキーウォールに与えられたもの、30年以上も前に最初のドの音と共に彼女を通してもたらされたインスピレーション、そのドがカシエルのもたらすインスピレーションと共に、別のレベルでもう一度、鳴り響きます。カシエルについてもう一つ重要なことがあります。カシエルは、私たちの内側にある男性性/女性性の側面、光と暗闇に関連してバランサー(平衡を保つもの)となり得ます。私たちのビーイングの最も深いレベルにある知恵と至福です。カシエルは、多くの画像で龍に乗っている王として、またタロットカードの隠者に近い姿で描かれています。従って、この大天使が乙女座のときに生まれたことは興味深い事実です。カシエルはまた、大天使サンダルフォンに関係しており、サンダルフォンと同様に、世界における子供たちの生死の過程で涙の天使として描かれています。カシエルの管轄する曜日は土曜日です。私たちはアヌビスを、この世と次の世界の間を司るガーディアンと見なしますが、カシエルもこの役目をともに担っています。もう一つ興味深い関連性は、カシエルは第七天国を支配するとも言われます。それは天国のなかで最も神聖であり、そこには栄光の王座が置かれ、7つの惑星を支配する大天使たちが付き添っています。土星の時代、それは古代に深い叡智のあった時代であり、土星が太陽に接近しすぎるまで続きました。それによって土星の極地の氷が加速スピードで溶け、急激に蒸発してガス状の環を形成しました。カシエルの役割の一つはカルマに関連し、凝縮されたカルマのレッスンを私たちが通り抜けることを助けます。同時に農業にも関連します。地球のビーイングに対する姿勢を暗黙のうちに考慮する新しい農法の必要性を、私たちが展開していくことを助けます。また、カシエルの仕事は瞑想にも関連し、私たちが時と死の関係性について理解することを助けます。カシエルに関連するキーノートが幾つかあります。スピリチュアルな自信、それは自己価値の真の本質を理解することを通してやってくる自信の感覚です。このメッセージの初めの方で私は、「自分はわかる」というよりも「自分はわからない」という感覚について触れました。ここでスピリチュアルな自信というと、逆説的に聞こえるかもしれません。もしかすると、「自分はわからないでいる」ことを知ることは、スターを信頼するという感覚なのかもしれません。そして、私たち自身の本質を信頼することが、オリーブを通ってハートに向かう可能性を開くことにつながるのかもしれません。それは今このときに、カシエルが私たちにもたらす理解の一部です。オーラソーマシステムにおいては、10番のボトル、グリーン/グリーンをカルマとみなします。その表現は、あなたが蒔いたように刈り取る、です。それは、自分の過去の行為の結果として今の自分の経験がある、と考えます。今自分のすることが、やがて自分が誰であるかという結果を創りだすのです。また、真実とは喜びと祝福をもたらす何かだと考えることも重要です。カシエルに関連する動物はカラスと大ガラスです。ドルイドの伝統では、カラスは、様ざまな多くの関連性以外に、キリストのエネルギーに強く関連づけられています。カシエルはまた高齢者にも関連し、遺言や死を司ります。カシエルに最も関連付けられている花は白いユリで、もう一つはヴィッキーが大好きだったスミレ/バイオレットです。このボトルに使われるスパギリックティンクチャーとなるために呼ばれた石たちの組合せはユニークで、エネルギーとしても今までとは異なります。ターコイズと一緒に登場したオブシディアンには驚きました。ダイヤモンドとオニキスと共に非常に興味深い組合せです。もう一つ、カシエルに関連して大切な石はサファイア、特にペールブルーあるいはミッドブルーのサファイアです。そのエネルギーは、サファイアがなければ表現されないであろう他の質を、この大天使と結び付けます。この石は、私たちにある不足の感覚、豊かな生活の可能性を自分自身に否定してしまうパターンを手放し、豊かさの感覚をもたらすことを真に助けます。カシエルはまた、私たちがより深く瞑想に入る可能性をもたらします。それはカルマのパターンを浄化し、私たちがより大きな悟りの見地に至ることを促し、私たちが真にスピリチュアルな深みに至ることを助けます。カシエルは超透視能力をもたらすことを助けます。エメラルドとオリーブの色について考察するとき、私たちはそれを明晰性を持って見ることの質とはすぐには関連づけません。しかし、パノラマ的な気づき、自分の置かれた位置の限界を越えて物事を見る能力、という私たちの理解に結びつけると、カシエルのもたらす明晰性が理解できます。超透視能力、他人の置かれた位置に自分を置くことができる気づきを通して、カシエルは、直感のより深い感覚に真につながることを助けます。大天使カシエルを、節制(113 = 14)の観点から見ることもできますが、カシエルは特に、私たちが個人的、公共的レベルの両方で自分の真実を表現することをサポートします。内側に横たわる知恵の表現を通して、分析的なマインドの質と高次の直感とのバランスをもたらします。誠実性をもって自己を静かに表現すること、内なる知恵の深いレベルにあるものを穏やかに表現することをサポートします。私たちは通常、エメラルドとミッドトーンオリーブを喉のチャクラとは特に結びつけません。しかしこの組合せは、私たちが明確に話すことを妨げているものを取り除き、自分の真実を表現することにとても助けになります。カシエルは、私たちが最も深いレベルで瞑想の経験につながるように、ひとりでいる時間を求めることを奨励します。スピリットの孤独の中で静寂さを見いだすことによって、私たちはカルマのパターンを手放すことができるかもしれません。カシエルは、健康をもたらす大天使であり、私たちが、自分の内なる本質、内なる深い中心から生まれる美につながることを助けます。美とは内側にある意図と態度の表現として表れることを考えると、カシエルは私たちがそこにつながることを助けます。それは魂の美を自覚することを妨げ、存在としてまっとうすることを邪魔する、不足しているという態度に関連する私たちの過去のパターンに別れを告げる可能性です。カシエルは、人生が提供する豊かさの中で、真実と感嘆の新しい感覚をもたらします。カシエルがタロットの隠者や乙女座に関連すると前述しました。節制のカードとそのイメージは、節制の天使と呼ばれるカシエルの別の側面に密接に関係しています。カードのイメージでは、節制の天使は片足を水の中、もう片足を土の上において立っており、カシエルの理解の一部である意識と無意識の側面を象徴しています。そして一つの壺からもう一つの壺に金色の液体を注いでいる姿は、錬金術の過程を表します。カシエルはまた、静穏の天使としても知られます。カシエルの特性の一つは、月に関連します。私たちが月の満欠けの力に同一化し、それに支配されるのではなく、もっと独立して在ることができるように促します。カシエルは、私たちが正しいときに正しい場所にいることを助けるために、自己の内なる真実に従うことをサポートします。特に、私たちが神聖なる者とつながり、神聖なる計画、地上の正しい場所にいて為すべきことをするための道、私たちが生まれてくる前に同意したことを行うための道を見出す助けをします。カシエルにはまた、「水を恐れる」者たち、水を好まない者たちの助けになるという定評があります。ボートや船旅に関連しても助けになります。私たちの70%は水でできていることを考えると、これらの特性は興味深いと言えます。自己の真実を認識することを妨げる、一体何を私たちは恐れているのでしょうか。With Love, as ever

 

魂の汗


魂の汗ってあるんです。
私にも経験がありますが、本当に何が何だか分からないけど!止められない涙が出ることがあるんです。

もしかしたらそういう涙は、自分自身のことなのに自分に気づいてもらえない!
…と、言う魂からの訴えなのかもしれないですね。
心の声に耳を傾けてあげていないと、体が症状として「気づいてよ!」って助け船を出すことがあるんです。
そんなことになる前に。
「そうなのか〜」「そうなんだね〜」
って、気づいて、受け入れることが大事です。
心の声を鏡のように映し出すのが、何気なく選ぶ「色」。
そして、その「色」からのメッセージを通訳するのが、私たちカラーセラピストです^ ^

11781633_1847657215460162_5736986734223928609_n

これ。カラーセラピストに限った話じゃないですよね。。。


これ。カラーセラピストに限った話じゃないですよね。。。

↓↓↓

http://ameblo.jp/nakatasaiko/entry-12032891461.html

栗原類 …とってもyellow/violetをイメージさせら…


栗原類 …とってもyellow/violetをイメージさせられる人だなぁ。

「障害であってもそうでなくても僕は僕。」

自分を自分がちゃんと認めてあげられるって本当に素敵ね^ ^

みんなが世界にたった一つだけの個性を持っているのだから、それをピカピカに磨き上げればいい。

そもそも世界にたった一つなんだから、「自分ではない誰か」になんてなれないし、みんなと一緒になんてなれないよね。

【発達障害告白の栗原類、ブログで思い「”笑っちゃいけない”と思わないで」】↓↓↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150525-00000359-oric-ent